現代社会において、健康管理への関心は高まる一方です。
特に、周波数を活用した機器が、自己管理や予防医学の分野で注目されています。


そんな中、注目されているのが『量子波動検査解析器サードアイ(THIRDEYE NLS SYSTEM PLUS)』です。(商標登録済)


量子波動検査解析器サードアイ

量子波動検査解析器サードアイ(THIRDEYE NLS SYSTEM PLUS)』は、個人の健康管理をサポートするために開発された機器です。

身体のエネルギー状態を検査し、生活習慣の改善や未病予防に役立つ情報を提供します。

thirdeye-Header-2


また、医療機器としての登録を行っていないため、医療現場のみならず、一般の方々も自己の健康管理や未病予防の目的で利用できます。


では、『量子波動検査解析器サードアイ(THIRDEYE NLS SYSTEM PLUS)』について、その概要と、どのように健康維持や予防医学に役立てるかをご紹介します。

こちらの資料もご覧ください。

「View Fullscreen」をクリックすると全画面表示になります。



目次

技術の特長

Features of technology

ユニークな
健康管理アプローチ

量子波動検査解析器サードアイ(THIRDEYE NLS SYSTEM PLUS)』は、身体の細胞レベルでの健康状態を周波数の観点からアプローチし、より良い健康状態を目指すためのサポートを提供します。

ここでは、その核となる特徴について説明します。

視覚化

健康状態の視覚化

量子波動検査解析器サードアイ』は、健康な細胞が持つ周波数と、ユーザーの細胞の周波数とを比較します。

この比較により、身体の現在の状態が視覚化され、どのような調整が必要かが明確になります。

この過程は、グラフや数値を通して直感的に理解することができます。

health

詳細な健康状態の把握①

量子波動検査解析器サードアイ』の特徴の一つは、調査可能な器官や部位の数が多いことです。

ですが、これを利用者が手軽にアクセスできるよう、9つの主要なグループに分類しています。

これにより、利用者は手動で特定のグループからターゲットを選択し、その健康状態を詳細に調査することが可能です。

image

詳細な健康状態の把握②

各グループは、消化器官、呼吸器官、尿・生殖器官、心臓血管系、血液&リンパ系、内分泌系、神経系器官、視覚器官、運動器官を含み、細部にわたる健康状態の把握を支援します。

vision

詳細な健康状態の把握③

このシステムは、ユーザーが自身または他者の健康状態に関する具体的かつ包括的な情報を得ることを容易にします。

そして、より効率的な健康管理を実現します。

analysis

多角的な健康分析①

量子波動検査解析器サードアイ』が提供する「エタロンリスト」を活用することで、あなたの健康状態は、100人の専門家が分析したかのように、100通りの視点から評価されます。

この方法は、あなたの健康に関する深い理解と、パーソナライズされた管理アプローチの発見に寄与します。

analysis

多角的な健康分析②

量子波動検査解析器サードアイ』の利用は、現代の情報過多の環境において、一般的な健康情報を超え、個々の生体エネルギー状態に基づく具体的なアドバイスを提供します。

これにより、個人が自己の複雑性を理解し、自身に最適な健康法やサプリメントを選択する手助けをします。

analysis

多角的な健康分析③

さらに『量子波動検査解析器サードアイ』は、細かな生活習慣の乱れや未病の段階での問題を特定します。

これらに対応するための具体的な情報を提供することで、現代医学では対処しにくい健康の課題への新たなアプローチを可能にします。

生体の微細なエネルギー変化を捉えることで、健康管理のための革新的な情報を提供します。

そして個人がより健康的な生活習慣を築くための支援をします。

9つの器官グループとそのリサーチ部位数

矢印クリックで表示されます➡

消化器官・・・27部位

呼吸器官・・・13部位

尿・生殖器官・・・18部位

心臓血管系・・・55部位

血液&リンパ系・・・32部位

内分泌系・・・5部位 (甲状腺、副腎、視床下部)

神経系器官・・・35部位 (脳、神経)

視覚器官・・・24部位 (胸、肌、三半規管)

運動器官・・・106部位 (筋肉、骨)

測定は約1300箇所、詳細部位まで合わせると、約27000箇所にわたります。

測定の選択肢はすべて、波動解析および調整が可能です。

未病の可能性、菌やウイルスの影響、ホメオパシーや植物療法など、健康に関わる多種多様な要素が分析されます。
それを一覧形式で閲覧できるのがエタロンリストです。

エタロンリストは、約100項目のカテゴリから成る、周波数データとの一致率に基づく分析結果です。
これにより、体の現状とその可能性が明らかになります。

以下は、周波数ライブラリのカテゴリ「エタロンリスト」の一部です。
このような視点で、あなたのデータを分析できます。

エタロンリスト:
膨大な固有周波数ライブラリ

矢印クリックで表示されます➡

未病の可能性

菌やウイルス、寄生虫などの影響

ホメオパシー情報

(レメディの選択肢、サーコード、マヤズムなど)

植物療法

鉱物療法

アレルギー源

食餌療法

毛髪の微量元素

毒素の影響

発達障害に係る一覧

細胞間コミュニケーション

消化器系

解剖学的にみた脳

解剖学的にみた耳、目

リンパ系

神経系

呼吸器系

脊髄一覧

虹彩学表

改善効果の高い経絡、経穴

アンチエイジの一覧

ホメオスタシス

歯科素材の影響

感情の共鳴パターン

心理的共鳴パターン

ビタミン、ミネラル

有害ストレス負荷

汚染物質

食品添加物

環境エネルギー負荷

以上のように、約100カテゴリ(=100人の専門家の視点から)の周波数共鳴率が一覧表示されます。

さらにこの、それぞれのカテゴリ下には、関連する固有周波数であるエタロンが登録されています。

この膨大な情報量を利用すれば、さまざまな角度からご自身のカラダを客観的にみることができるわけです。

健康管理の
補完的アプローチ

医療機関での従来の検査手法によって特定できない身体の不調の原因を探る場合、
量子波動検査解析器サードアイ』が提供する波動医学の視点が役立つことがあります。

これは、体に負担をかけることなく、個人の健康状態に関する深い洞察を可能にする非侵襲性の技術です。

健康の不調とその原因に焦点を当てる

多くの場合、健康に関する不調や懸念が、医療機関での標準的な検査では明確な原因が特定できないことがあります。

量子波動検査解析器サードアイ』は、そのような不明瞭な健康の不調に対し、波動医学の観点から原因と可能性を探り、個人に合わせた健康管理のアドバイスを提供します。

vision

自己回復力の活用

西洋医学の診断や治療は、特定の症状に焦点を当てた対症療法が中心ですが、『量子波動検査解析器サードアイ』は、体が本来持つ自己回復力を活用することに重点を置きます。

つまり、病名の特定ではなく、体の不調の原因を明らかにし、それを除去することで、体の自然なバランスと健康を取り戻すサポートを目指します。

health

未来予測に基づく
健康管理



analysis
heart

感情と体調の関係性の理解

量子波動検査解析器サードアイ」は、個人の感情パターンとその健康への影響を分析します。

感情が身体に与える影響を理解することは、健康管理において非常に重要です。

STEP

01

感情の分析を通じた健康改善

健康的な生活を送る上で、身体だけでなく心の健康も重要です。

感情は私たちの身体に大きな影響を与え、心理的・精神的な状態が直接的に肉体の状態に影響を及ぼすことが科学的に証明されています。

例えば、特定の感情パターンが身体の特定部位にストレス反応を引き起こしている場合、
量子波動検査解析器サードアイ」はその情報を明らかにし、感情バランスを整えることで健康状態を改善するための方法を提供します。

これには、セラピーを通じた周波数の調整や、感情に対処するためのカウンセリングが含まれます。

health

STEP

02

自己改善へのアプローチ・感情の解放

感情的なバランスが取れていないと、身体の不調として現れることがあります。

一時的な改善から脱却し、持続可能な健康を実現するためには、根本的な感情の処理が必要になる場合があります。

量子波動検査解析器サードアイ」の利用によって、感情的な要因に基づく身体の不調を理解し、対処するための手段を提供します。

これにより、感情のバランスを取り戻し、健康状態の改善に繋がることが期待されます。

health

STEP

03

セルフケアとしての感情の処理

感情の処理は、自身で取り組むことが可能ですが、必要に応じて専門家のサポートを受けることも一つの方法です。

量子波動検査解析器サードアイ」を用いた個人セッションでは、そのプロセスをサポートし、感情のバランスを取り戻すお手伝いをします。

hand

個人の健康管理への取り組み

量子波動検査解析器サードアイ」の利用によって、個人は自身の健康管理に積極的に取り組むことができます。

日常生活の見直しや健康への意識向上は、忙しい日々の中でも重要です。

しかし、個々の事情により、常に自分自身で管理することが難しい場合もあります。

STEP

01

自己の身体情報の理解

健康を維持し、病気を予防するためには、自身の身体の情報を深く理解することが不可欠です。

日常生活の中での行動や思考が、健康にどのように影響しているのかを知ることで、より良い生活習慣への変更が可能になります。

量子波動検査解析器サードアイ」は、日常的な健康管理と予防において、そのような身体情報を提供するツールとして機能します。

ただし、この機器は医療機器ではなく、病気の診断や治療の代わりとしては使用できません。

heart

STEP

02

自己管理としての量子波動調整

量子波動検査解析器「量子波動検査解析器サードアイ」を使用することで、誰もが自宅で簡単に身体の状態を確認し、日々の変化に応じたケアを実施することができます。

例えば、過剰な飲酒や食事、ストレスが多い日など、身体に負担がかかった後の回復をサポートします。

この機器を用いた健康管理の利点は、定期的な自己チェックを通じて、健康への意識を高め、必要に応じて生活習慣の改善を図ることができる点にあります。

memo

STEP

03

専門家のサポート

そのような場合には、専門家からのサポートを受けることが推奨されます。

例えば、「量子波動検査解析器サードアイ」を用いた波動調整や、日常的なケアのためのレメディ作成などがあります。

さらに、心の解放を促す独自のセラピーやヒーリングを通じて、個人が内面からの改善を促進することも可能です。

thirdeye

健康管理サービスの概要

SERVICE

01

量子波動による健康調査

体の細かな変化を捉え、健康状態のチェックを可能にします。

これにより未病の段階で対応することが可能です。

02

健康に関する情報の提供

健康維持や改善に役立つ情報を提供します。

レメディの選択や食餌療法、生活習慣の改善など、具体的な方法が提示されます。

03

各種セラピー

健康状態に応じたセラピーを提供します。

04

日常ケアのための
レメディの作成

個人の健康状態に合わせたケア用品を提供します。

量子波動検査解析器サードアイ」を用いた量子波動調整のセラピーは、生体エネルギーのバランスを整え、健康の維持・向上を目的としています。

このプロセスには、以下の3つの主要なセラピーが含まれます。

メタセラピー

  • 目的:生体エネルギーの乱れを整える
  • 対象: 臓器・器官、細胞、遺伝子、DNAなど、身体のあらゆるレベル
  • 方法: 量子波動による直接的なエネルギー調整

植物療法
鉱物療法

  • 目的:自然界の特定エネルギーを用いた療養効果の提供
  • 対象:特定の健康問題や体調不良に対応
  • 方法:植物や鉱物から得られる波動を用いて、身体にポジティブな影響を与える

微生物セラピー

  • 目的:ウイルス、菌、寄生虫など身体に悪影響を与える微生物の不活性化
  • 対象:感染症や微生物が原因の健康問題
  • 方法: 微生物の活動を抑制する波動を用いたセラピー

セラピーのプロセスとその影響

量子波動セラピーは、身体の健康状態を改善するための一手法であり、そのプロセスを通じて以下のような効果が期待されます。

health
sea
health
flower

継続的なセラピーの重要性

量子波動調整の継続的な実施は、健康状態の持続的な改善と維持に不可欠です。

以下に、その理由とメカニズムを解説します。

flower
flower
flower
flower

日常ケアとしての
レメディ活用の重要性

レメディの活用は、日常生活における健康管理の一環として、非常に価値があります。

以下に、レメディ作成のプロセスとその意義を解説します。

flower
green
flower

推奨使用頻度

量子波動検査解析器サードアイによる、改善を目的とした量子波動調整は、海外での臨床とそのエビデンスに基づき、次のように使用することが推奨されています。

しかし、この推奨の頻度ではご自宅に量子波動検査解析器サードアイを備えていないと難しいため、

おとの香で個人セッションを受けられる場合は、以下の推奨データを参考とした上で、

これまでの経験に基づき、個々のみなさまへ別途、最適なご提案をさせていただきます。

thirdeye-Header-2

状態別に推奨される使用頻度

急性の場合(推奨)

1日おきのセラピーを4週間行う。

波動水も併用する。

STEP
1

1ヶ月後

改善率の比較確認を行う。
問題がなければセラピーを1カ月休む。
まだ問題があれば、セラピーを続ける。

STEP
2

1か月後

同じ問題が出なければ、安定していると判断し終了。

STEP
3

慢性の場合(推奨)

1日おきのセラピーを4週間行う。

波動水も併用する。

STEP
1

1ヶ月後

改善率の比較確認を行う。

 -1.改善がみられれば量子波動調整を1ヶ月休んで、その後③へ

 -2.改善率が低ければ、さらに①から始める。

STEP
2

波動解析

1ヶ月量子波動調整を休んだ結果、波形及びエントロピー分析にて問題がなければ、自己治癒力により改善可能なレベルであると判断する。

STEP
3

<補足>

エントロピー分析において問題がない状態とは、統計学的に波動の乱れが罹患率を指し示す範囲ではないと判断できるものである。

取り組み方のポイント

量子波動検査解析器サードアイを使用して実際に改善に取り組む場合、

最初の1ヶ月は、乱れた波動を整えながら、不調の要因を絞り込むと良いでしょう。

波動干渉により最初は見えなかった要因が、波動の調整が進むにつれ、だんだん顔を出してくるようになるのです。

analysis

改善プラン

絞り込んだ不調に対する改善要因の中から、

・普段の生活に取り入れられるもの
・避けられるもの
・継続できるもの、できないもの

などを分けて、改善プランをつくります。

不調を改善したい方は、ご自身の積極的な取り組みが必須です。

analysis

ご利用にあたって

量子波動検査解析器サードアイ』は医師法、薬機法など諸法規の範囲外における日常的な個人の健康管理の範囲内で利用するものであり、お客様の意思によって実行される健康管理のための様々な情報をご提案いたします。

量子波動検査解析器サードアイ』は、健康管理の補助ツールとして設計されており、具体的な医療行為や診断を行うものではありません。

あくまで健康管理や生活習慣の改善を目的とした情報提供ツールであり、医療機器ではありません。

その精度については100%を断言するものではありません。

利用者は、本機器から得られる情報をもとに、自身の生活習慣を見直し、健康への意識を高めることができます。

しかし、重要な医療判断が必要な場合は、専門の医療機関での相談をお勧めします。最終的な判断は、お客様ご自身の責任において行ってください。

機器のご利用について

以下の方は量子波動検査解析器サードアイのご利用を控えてください。

・心臓ペースメーカーをつけている方

・妊娠中の方

・10歳未満の方

・38度以上の熱のある方

サービスとして提供する場合の伝達事項

健康な身体は継続的な観察と自身で行うケアにより成り立つものであり、一時的な対処により得られるものではありません。

このサービスでは機器が検知した身体の周波数データにより、健康に関するさまざまな情報を類推することが可能であり、

みなさまが健康的な日常を送るための継続的な観察とケアの機会を提供いたします。

・機器の操作は、お客様のご依頼により、熟練したオペレータが代行させていただきます。

・ご自身の健康に関する判断、選択は、お客様ご自身で行っていただきます。

・波動水(レメディ)は販売しておりません。

・波動水(レメディ)作成をご希望の場合は、お客様のご依頼によりオペレータが操作を代行させていただきます。

・レメディ作成に必要なミネラルウォーターや遮光瓶その他は、キットをご購入ください。

data

機器の導入について

オンリーワンな機能を実感!

理想的な美容と健康を実現するためには、対症療法だけでなく根本的な問題解決が必要です。

量子波動検査解析器サードアイを使って、あなたの人生に安心感を。

まずはぜひ一度、ご体験ください。